2024年7月14日

留学へ行くと決めたらまず何をやるべき? 留学前の準備や手続きについて

前回の記事では、仕事を辞めてイギリスへ語学留学を決意した経緯、留学先としてイギリスを選んだ理由について書きました。

 

留学へ行くと決めたらまずはこれをやろう

 

エージェントとのカウンセリング

提供先:pixabay:https://pixabay.com/ja/

渡航先はどこがいいか(イギリスとアメリカで迷っていた)

エージェントの提携先の語学学校の様子

ホームステイについて

現地での生活環境

現地の物価

渡航費や留学費などトータルの費用

複数のエージェントに相談したほうがいい理由は、トータルの費用や提携先の学校がエージェントによって大きく異なるからです。

いくつかのエージェントに相談を終えて見積もりを出してもらった結果、最も早く渡航可能で、費用が最も抑えられ、かつ語学学校の雰囲気が良かったエージェントに決めました。

パスポートの発行・更新

提供先:pixabay:https://pixabay.com/ja/

海外渡航にはもちろんパスポートが必須なので、まだ持っていない方は発行しましょう。

パスポートは有効期間によって費用が異なり、5年なら11,000円、10年なら16,000円です。

発行には6~8週間かかるので、余裕を持って準備することをおすすめします。

私は結婚前に発行したパスポートを持っていましたが、苗字が旧姓のままだったので、名義変更の手続きを行いました。

旧姓のパスポートを使用することもできるのですが、航空券とパスポートの名前は同じである必要があります。

そのため、名義を新姓へ変更することにしました。

記載事項変更にかかる手数料は6,000円です。

パスポートの変更手続きに必要な戸籍抄本(謄本)は取り寄せるのに1週間ほど、申請受付から交付までの日数は土日祝・年末年始を除いて1週間ほどかかるため、2週間はかかると考えておいたほうがいいでしょう。

海外旅行保険に入っておく

提供先:pixabay:https://pixabay.com/ja/

1か月以上の滞在期間なら旅行保険に入っておくことをおすすめします

海外では思いがけない事故やトラブルに遭うこともあるかもしれません。

海外では医療費が高額で、日本で加入している保険も使えないため、病気やケガをした場合、治療費は全額自己負担になってしまいます。

海外旅行保険は、クレジットカードを渡航先に持っていくと加入できる場合もあります。

クレジットカードの海外旅行保険には、自動付帯と利用付帯の2種類があります。

自動付帯は、カード会員であれば手続き不要で保険が有効になります。

一方、利用付帯は旅行代金をカードで支払うなど条件を満たす必要があります。

以前は年会費無料のカードでも自動付帯の保険がありましたが、現在ではほとんどありません。

保険を有効にするためには「出国前に海外旅行の代金をカードで支払う」といった条件があります。

そこで、私は留学エージェントとの契約のオプションで、1か月1万円弱ほどの保険を付けました

 

結果として、保険を付けておいてよかったです。

後ほど詳しく書きたいと思いますが、私は現地で病院へかかる機会があり、医師から

保険に入っておいてよかったわね。保険に入っていない人は治療費が莫大にかかってしまっていて、とてもかわいそうだった

と言われました。

万が一のことを考えて、最低限の補償が受けられる保険は契約しておいて損はないでしょう。

 

航空券の手配 安く買えるちょっとしたコツもご紹介

提供先:pixabay:https://pixabay.com/ja/

私の場合、出発したい日と帰国日が決まっていたので、それに合わせて航空券を手配しました。

使ったサイトはGoogle フライト

Google フライトでは複数の航空会社のチケット情報をまとめて掲載しているため、移動時間や価格を比較しやすく便利です。

往路と復路の日時、行き先などを検索すると、条件に合った航空券が複数掲示されます。

私の渡航先はロンドンだったので、このサイトで東京からロンドンにあるヒースロー空港までの経路を調べました。

直行便よりも乗り継ぎ有りの便のほうが安いため、また、乗り継ぎのアブダビ空港での散策も楽しめると思い、私は乗り継ぎ有りの便を予約しました。

費用を抑えたい方には乗り継ぎ有りの便がおすすめです。

ハイシーズンと言われる年末年始や春休み、夏休みの期間は航空券の需要が高く、チケットが高額になりやすいため、費用を安く抑えたい方や、日本人の留学生が少ない環境で語学を学びたい方はハイシーズンを避けるといいでしょう。

 

まとめ

前もって準備し、充実した留学生活に備えましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ロンドン留学関連記事の一覧はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

By Emily

東京都在住のライター。働きながら学ぶ大学生。 新しいことを学ぶこと、文章を書くことが好きなので、好きなことを自由に書く場所としてEMILY IN TOKYOを作りました。 ピアノと読書とうさぎが好き。 素敵な場所、美味しいもの、美しいもの、琴線に触れる言葉、素晴らしいアイデアを見つけたら皆さんにシェアします。

Related Post

One thought on “留学へ行くと決めたらまず何をやるべき? 留学前の準備や手続きについて”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です